Artist’s Statement

Ever since we are born, at home, we are spending lots of time with people with similar faces as our own like parents, brothers, sisters, and relatives. That's why I think that a face that I recognise, and the feature of that face, is infinitely similar to myself. For example, in some cases, we think the face of pet dog resembles its owner’s, or the faces of a married couple resemble each other. I think it is a phenomenon that the feature of a face you recognize looks like your face, and you subconsciously choose the one with the same face or a similar one. 
The portraits that I create in my artwork look like me because, in a subconscious manner, I select that person, I don’t imagine a specific person. I call it a self-portrait. And whether it's a figure of a man or a woman, I call it a self-portrait regardless of gender.
I got married about a year ago and started living as a married couple. I accept a person who is different from me, and every piece of my artwork is about what I can see and think from the smallest society of two people.
自我們出生以來,便在家中與跟自己長相相似的人一起度過大部份的時間,比如我們的父母、兄弟姐妹、親戚等。這就是為什麼我認為我所熟悉的臉孔和其特徵,與我的無比相似。例如,在某些情況下,我們認為某愛犬的面孔類似於其主人,或者一對已婚夫婦的面孔彼此相似。我認為這是一種現象,即您識別出的一張臉的特徵看起來像您的臉,並且您會在潛意識中選擇了具有相似臉孔的人和物。
在我的藝術作品中的人物看起來像我,但我並沒有在想一個特定的人,而是在潛意識中選擇了塑造那個人。我稱之為自我寫照。無論是男的或是女的雕像,我都一律稱之為自我寫照。
大約一年前我結婚了,並開始了夫妻生活。我接受了一個與我不同的人,而如今我的每件創作作品都是環繞在我們兩人的小小社會中,我所能看到和思考的。
私たちは、生まれた時から家庭において自分と似た顔の人達、両親や兄弟、親戚などに囲まれて多くの時間を過ごしていきます。そのため、自分の認識する顔というものが、自分の顔のアイコンなるものが、限りなく自分に似ているものになっているのではと私は考えます。 例えば、飼い犬と飼い主の顔が似ていたり、夫婦の顔が似ていたりという場合がありますが、それは、自分の認識する顔のアイコンなるものが自分の顔に似ているために、無意識のうちに同じ顔のもの近い顔のものを選択してしまう現象ではないのかと考えております。 私の制作する人物像は、特定の人物をイメージして制作するのではなく、私が無意識のうちに選択し制作している人物のために私に似ています。それを私は、自画像と呼ぶことにしております。そしてそれは、男性の像でも女性の像でも、自分の性別に関係なく自画像と呼ぶことにしております。

12月、香港の個展のステートメント

[きみはフクロウで、だいたい僕はベアー]

外の世界の様々な人と会うことで刺激や影響を受け、作品を制作することが多かったこれまでと比べ、 COVID-19の影響により、私の日々の生活の中で触れ合う人や物は、妻と家族・飼っている動物や庭の植物など、とても狭い範囲になりました。

今回の展示作品は、 そういった状況下で、内へ内へと入っていった自己の興味や、妻や家族・過去の思い出などを繰り返し繰り返し咀嚼し、その課程で生まれる少しの変化や、同じ題材を楽しむことにより作り出しました。

また、 これまでのFRP素材での作品に代わり、今回初めて陶芸の作品をメインにしております。 これは、3年前に陶芸家の妻と出会うことにより、陶芸での作品制作に興味を持ったことや、夫婦で一緒に器のブランドを立ち上げたことが影響しています。

今回、立体作品の他にも、夫婦共作の酒器も展示しています。こちらは、自分達が題材にしている「花」とキラキラ舞い散る花粉をイメージして作ったものです。

COVID-19下でも、作品を介して多くの方と触れ合うことができることに感謝致します。

Next Solo Exhibition's Statement:

title
[You Are an Owl, I Am Almost a Bear]

Before the COVID-19, my approach to art making had been influenced by the outside world -via the inspirations and influences from various people. The spread of COVID-19 has dramatically restricted the sphere of my daily life – my wife, my pet and plants in my garden.

Given such situation, I created my artworks for this exhibition by cherishing little changes that I noticed during the process of digesting my inner mind and recalling memories with my wife and family from the past.

Instead of my past artworks, FRP artworks, most of my artworks this time consist of ceramics for the first time. Since I met my wife, Tomoko who is a ceramic artist, three years ago, there has been an increasing interest in creating artworks in ceramic, and we established a ceramic brand together. In addition to the 3D sculptures, we present our collaborated ceramic pieces (so-called

“shuki” in Japanese) specifically designed for Japanese sake. We created these pieces based on our brand’s motifs of flowers and

fluttering/sparkling pollen.

At last, I would like to express my sincere gratitude for this opportunity to be in touch with the audience through my artworks even under the COVID-19 pandemic.